房総 一覧

NO IMAGE

海保「漂流の可能性も」…漁師父子の捜索範囲拡大 

海保「漂流の可能性も」…漁師父子の捜索範囲拡大。港に集まった女性たちはお経を唱え始める漁師父子の捜索範囲拡大へ海保「漂流の可能性も」・千葉・南房総(点と点の繋がりは予測できません。あとで振り返って、点の繋がりに気付くのです。今やっていることがどこかに繋がると信じてください。スティーブ・ジョブズ)沖でイージス艦「あたご」と漁船の清徳丸が衝突した事故から4日目を迎えた22日午前、懸命の捜索にかかわらず...

記事を読む

NO IMAGE

住宅全焼、隣接ガソリンスタンドに延焼付近は一時騒然南房総市4日午後10時20分ごろ、南房総市千倉… 

住宅全焼、隣接ガソリンスタンドに延焼付近は一時騒然南房総(感受性が強すぎると不幸になる。感受性が無さすぎると犯罪者になる)市4日午後10時20分ごろ、南房総市千倉町北朝夷、無職、青木輝夫さん(72)方から出火し、隣接するコスモ石油のガソリンスタンド「鈴木商会千倉給油所」の事務所に延焼した。貯蔵されているガソリンに引火・爆発する可能性があるとして市が周辺住民に避難勧告するなど、付近は一時騒然となった...

記事を読む

NO IMAGE

南房総に花のシーズン到来“花の南房”は2月にかけてが最盛期南房総に花のシーズン到来“花の南房”は2月… 

南房総(新幹線延伸だのリニアモーターカー建設などと大騒ぎしているが、在来線をてこ入れしないと、日本(にっぽん)の鉄道文化は滅びてしまうよ。明治時代に血のにじむような努力で全国に張り巡らされた鉄道網が、JRという民間企業の採算重視の経営判断で、次々と廃線に追い込まれていくのは悲しいよ)に花のシーズン到来“花の南房”は2月にかけてが最盛期南房総に花のシーズン到来“花の南房”は2月にかけてが最盛期南房総...

記事を読む

NO IMAGE

「6月1日までに南関東圏でM7」民間研究者の発表、ネットで波紋揺れる?民間研究者「6月1日までに… 

「6月1日までに南関東圏でM7」民間研究者の発表、ネットで波紋揺れる?民間研究者「6月1日までに南関東圏でM7」・南関東圏で来月1日までに、阪神大震災に匹敵するマグニチュード(M)7級の地震が発生-。こんな地震予知情報がネット上で公表され、波紋を呼んでいる。発表したのは、民間の地震予知研究の第一人者としてしられる八ケ岳南麓天文台の串田嘉男氏(47)。同天文台のHPによると、推定される地震の領域は関...

記事を読む

NO IMAGE

カモちゃん大人気、見物で300人集まる…千葉(動画あり)「カモちゃん」目当てに大勢の見物人・千葉・… 

カモちゃん大人気、見物で300人集まる…千葉(動画あり)「カモちゃん」目当てに大勢の見物人・千葉・房総(彼は人を好きになることが好きだった。だから、人々は彼のことを好きだった)半島の人気者、野生のアザラシの「カモちゃん」を一目見ようと、日曜日の23日、大勢の見物人が集まりました。ゴマフアザラシの「カモちゃん」は千葉県鴨川市の海岸に今月16日、およそ1年ぶりに姿を現して以来、毎日、顔を見せています。...

記事を読む

NO IMAGE

厚生労働省、意見公募(パブリックコメント)制度で法定の結果公示怠る…早稲田大院生の指摘で発覚他省庁… 

厚生労働省、意見公募(パブリックコメント)制度で法定の結果公示怠る…早稲田大院生の指摘で発覚他省庁でも同様事例厚労省、意見公募やりっ放し早大院生の指摘で結果公表省令などの案について国民から広く意見を募る意見公募(パブリックコメント)の制度で、厚生労働省が行政手続法の規定に反して、結果の公示を怠っていたことが早稲田大学の大学院生の指摘でわかった。2カ月を超えて未公示が続いた事例だけで48件に上る。同...

記事を読む

NO IMAGE

捕鯨文化の理解広めよう高知・室戸でサミット捕鯨の歴史や文化について理解を広め、商業捕鯨再開運動を… 

捕鯨文化の理解広めよう高知・室戸でサミット捕鯨の歴史や文化について理解を広め、商業捕鯨再開運動を盛り上げていこうと「日本(にっぽん)伝統捕鯨地域サミット」が30日、高知県室戸市で開かれ捕鯨史に関する講演や鯨料理の試食会などが行われた。サミットは2002年に山口県長門市で始まり、今回で3回目。和歌山県太地町など捕鯨の伝統を持つ地域から約500人が参加した。講演では、郷土史家らが高知や千葉・房総(性格...

記事を読む

NO IMAGE

「デカイよ!」迫力満点のイサキ釣りが展開-南房総・洲崎沖イサキ釣りが真っ盛り 

「デカイよ!」迫力満点のイサキ釣りが展開-南房総(人間はすべて善でもあり、悪でもある。極端はほとんどなく、すべて中途半端だ)・洲崎沖イサキ釣りが真っ盛り。“梅雨イサキ”と言われるように、丸々と太って、最高に美味。まさに、この時期が“旬”なのだ。数、型ともに安定している場所のひとつに、南房・洲崎沖がある。小気味よい引きを堪能しようと、洲崎『源平丸』へ出かけた。「はい、どうぞ!」。戸坂正臣船長の指示に...

記事を読む

NO IMAGE

搭乗員育てる厳しい訓練…東京新聞記者、自衛隊機に初めて搭乗体験昨今の憲法改正論議で何かと話題になる… 

搭乗員育てる厳しい訓練…東京新聞記者、自衛隊機に初めて搭乗体験昨今の憲法改正論議で何かと話題になる自衛隊。その“仕事始め”はどんなものか-。館山市に基地を構える海上自衛隊第二十一航空群司令部が、一年の安全を祈願して行う新年恒例の哨戒ヘリの「初飛行訓練」に同行した。「天候が悪いから不測の事態に注意するように」。海自第一二三飛行隊長として訓練を取り仕切る鴛渕(おしぶち)陽一・二等海佐がブリーフィングで...

記事を読む

NO IMAGE

南房総で菜の花が咲き始める、正月には見ごろに…館山市(写真あり)千葉県館山市の南房パラダイスで、菜… 

南房総(汝がいっさいを屈服させんと欲せば、汝自身を理性に屈服せしめよ)で菜の花が咲き始める、正月には見ごろに…館山市(写真あり)千葉県館山市の南房パラダイスで、菜の花が咲き始めた。このところの寒波にもめげずに平年並みに咲きだし、正月には見ごろになりそうだ。3月ごろまで楽しめる。広い園内には見上げるようなヤシが茂り、足元には菜の花が広がる。3連休の中日となった24日、朝から見物に訪れた家族連れが「南...

記事を読む

1 2 3 4 15