外房 一覧

NO IMAGE

安定ヨウ素剤の原料”ヨード”千葉県に世界の3分の2の推定埋蔵量産出量も世界2位[04/0307:57]Yahooニュー… 

安定ヨウ素剤の原料”ヨード”千葉県に世界の3分の2の推定埋蔵量産出量も世界2位[04/0307:57]Yahooニュース#「安定ヨウ素剤」増産したいが…日本(にっぽん)、埋蔵世界一、「壁」は停電産経新聞4月3日(日)7時57分配信放射性物質(放射能)の拡散が懸念されるなか、被曝(ひばく)を弱める効果のある「安定ヨウ素剤」の需要が急激に高まっている。主成分の「ヨウ素(ヨード)」は、日本(にっぽん)が...

記事を読む

NO IMAGE

オニカサゴ、外房サイズ夢じゃない!/魚聖の秘策 冬の味覚を代表する魚は多い 

オニカサゴ、外房(最高のものを求める人は、つねにわが道を行く。 人間は最高のものを決して共存しない。 幸福になろうとする人はまず孤独であれ)サイズ夢じゃない!/魚聖の秘策 冬の味覚を代表する魚は多い。中でも、味覚は当然ながら、その希少性からも 人気なのがオニカサゴ。特に、外房の飯岡沖は良、大型が釣れることで定評がある。通称“外房サイズ”を狙い、飯岡の『三次郎丸』から沖へ出た。良、大型オニカサゴを...

記事を読む

NO IMAGE

竿がしなった 

竿がしなった。釣れたのは37センチの大型イサキだ。イサキがくる。しかも、みんなデカイ。外房(人間は、ときには間違いを犯しながらも、足をのばして、つまずきながらも前進する)・小湊沖で高級五目の収穫祭 今、外房・小湊沖の“マダイ五目釣り”が面白い。マダイをメーンにシマアジ、ヒラマサ、カンパチ、イナダ、ヒラ ソウダが交じり、解禁直後のイサキも顔を出す豪華版だ。全てが“単独商品”に成り得るターゲットばか...

記事を読む

NO IMAGE

コマセのニオイで獲物集め、カモシ釣りで狙い撃ち!! カモシ釣りでご覧の大型ヒラマサもヒットしている… 

コマセのニオイで獲物集め、カモシ釣りで狙い撃ち!! カモシ釣りでご覧の大型ヒラマサもヒットしている http://lifestyle.nikkansports.com/fishing/tokyo/photo/ls-060925-1.jpg <Go Fishing:今が釣り時> 外房(他人と比較して、他人が自分より優れていたとしても、それは恥ではない。 しかし、去年の自分より今年の自分が優れて...

記事を読む

NO IMAGE

バイオマスター産駒が初勝利 23日、福山競馬場で行われた2R・2歳3(ダート1250m、1着賞金19万円)で、藤本… 

バイオマスター産駒が初勝利 23日、福山競馬場で行われた2R・2歳3(ダート1250m、1着賞金19万円)で、藤本三郎騎手騎乗の4番人気マスターリー(牝2、福山・高本友芳厩舎)が、2番人気キングスターリーに1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分25秒1(稍重)。同馬の勝利が新種牡馬バイオマスター産駒の地方・中央通じての産駒初勝利となった。勝ったマスターリーは父バイオマスター、母グレーススタイ...

記事を読む

NO IMAGE

北海道に津波警報気象庁が避難呼び掛け気象庁に入った連絡によると、15日午後8時15分ごろ、千島列… 

北海道に津波警報気象庁が避難呼び掛け気象庁に入った連絡によると、15日午後8時15分ごろ、千島列島(クリール諸島)でマグニチュード(M)8・1の地震があり、気象庁は北海道太平洋沿岸東部からオホーツク海沿岸にかけて津波警報を、北海道太平洋沿岸中部から静岡県にかけての広い範囲と北海道日本(にっぽん)海沿岸北部に津波注意報を出した。警報を受けて、北海道の根室市と釧路市、標津町、浜中町などは住民に避難勧告...

記事を読む

NO IMAGE

ヤリイカ銀座へようこそ・・爆釣100杯超!サイズも50cm「パラソル級」 ヤリイカ爆釣! 外房・勝… 

ヤリイカ銀座へようこそ・・爆釣100杯超!サイズも50cm「パラソル級」 ヤリイカ爆釣! 外房(「いちばん性の悪い動物の名は?」と、王が賢者に尋ねたら、賢者曰く「荒っぽい奴では暴君、おとなしい奴ではおべっか使い」)・勝浦沖でヤリイカが乗りに乗っている。トップが60杯、70杯釣るのは、当たり前。100杯を超す日も出ているのだ。サイズもよく、50センチ級のパラソルサイズが上がってくる。群れは広範囲 ...

記事を読む

NO IMAGE

外房、御宿沖のイサキが好調に釣れている千葉県・外房地区、御宿沖周辺でイサキが好調に釣れている 

外房(性格は固くもなければ不変でもなく、活動しており、変化していて、われわれの肉体と同じように病気にもなろう)、御宿沖のイサキが好調に釣れている千葉県・外房地区、御宿沖周辺でイサキが好調に釣れている。最近では、冬の間から乗合船が出ている地区もあり、いつが“旬”か分からなくなってしまった感があるが、イサキの本当の“旬”は初夏である。つまり今がベストシーズン、当然、食味も抜群だ。ここに来てサイズもアッ...

記事を読む

NO IMAGE

“口を使い出した” イサキ上向き、連発する好釣ぶり~千葉・外房沖~ <お薦めはココ> 千葉・外房沖の… 

“口を使い出した” イサキ上向き、連発する好釣ぶり~千葉・外房(国家間の外交とは、高級フランス料理店でにこやかに食事をし、高級ワインで乾杯しながら、テーブルの下では互いの足を激しく蹴り合う、優雅なインドアスポーツの一種である。そのため、職業外交官の多くは、若くして足がふらつくようになるが、高級ワインを飲み過ぎたせいとの説も有力である)沖~ <お薦めはココ> 千葉・外房沖のイサキ釣りが上向きそうな...

記事を読む

NO IMAGE

大漁気分、ヤリイカ三昧 – 南房総~外房 久しぶりに“ウルトラブレーク”しているのは、南房総~外房にか… 

大漁気分、ヤリイカ三昧 - 南房総~外房(人の天性は良草を生ずるか、雑草を生ずるか、そのいずれかである。だから、折をみて良草に水をやり、雑草を除かねばならない) 久しぶりに“ウルトラブレーク”しているのは、南房総~外房にかけてのヤリイカ。今の時期、パラソル級交じりで 手応え抜群、さらに食感プリプリ! 文句なしのイカ三昧を満喫しようと、江見『長七丸』へ急いだ。「相手は、生態のつかみどころがないイカ...

記事を読む

1 2 3 4 7