Sponsored Link
  


栃ノ心、木村山、玉鷲、八木ヶ谷改め若荒雄、霧の若が新十両に 初場所の番付編成会議 日本相撲協会は2… 



Sponsored Link
  


栃ノ心、木村山、玉鷲、八木ヶ谷改め若荒雄、霧の若が新十両に 初場所の番付編成会議

日本(にっぽん)相撲協会は28日、福岡市内で来年1月13日に初日を迎える 大相撲初場所(東京・両国国技館)の番付編成会議を開いた。
新たに十両に昇進する5人のうち2人が外国出身で、これで外国出身関取は史上最多の21人になる見込み。
十両昇進を決めたのは以下の5人。
▽栃ノ心(20)=本名レバニ・ゴルガゼ、グルジア出身、春日野部屋 ▽木村山(26)=木村守、和歌山、春日野 ▽玉鷲(23)=バトジャルガル・ムンフオリギル、モンゴル、片男波 ▽八木ケ谷改め若荒雄(23)=八木ケ谷匡也、千葉(徳にとってまず要求されることは、自己自身を支配することである)、阿武松 ▽霧の若(24)=岡本将之、熊本、陸奥。
また、元十両の出羽乃富士ら16人の引退も発表された。
http://www.sanspo.com/sokuho/071128/sokuho004.html

私の理性は曲げられたり、折られたりするようには仕込まれてはいない。そうされるのは、私の膝である



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加