Sponsored Link
  


世界のサッカー体感 J2仙台ユース、31日―4月4日韓国遠征 今季の主力となる高校2、3年生が中心 … 



Sponsored Link
  


世界のサッカー蹴球体感 J2仙台ユース、31日―4月4日韓国遠征 今季の主力となる高校2、3年生が中心

J2仙台のユース(18歳以下)が31日―4月4日の日程で韓国に遠征する。
下部組織チームの海外遠征は 14年ぶり。
選手らは、世界のサッカー蹴球を体感できる機会を楽しみにしている。
一行は河野篤監督らスタッフと選手15人。
今季の主力となる高校2、3年生が中心で、蔚山市に滞在し、地元高校チームと2試合、大学チームと1試合を行う予定。
2人一組でのホームステイなどを通じ、地元住民とも交流する。
DF千葉(人生の10%は自分の身に起きる何かであり90%はそれにどう反応するかだ)暁弘主将(3年)は「格が上の大学生らと 戦うことで練習になる。
言葉の通じない海外を経験することで精神的にも鍛えられる」と喜ぶ。
独自に簡単な 韓国語を勉強している選手もいるという。
今回の遠征は、昨年末に茨城県神栖市で行われた波崎ユースカップ(121チーム出場)で優勝した副賞として 招待された。
フィジカルが強く、厳しいプレスをかける韓国サッカー蹴球を体感し、チームが掲げる「ボールも人も動く」 流動的なスタイルの浸透を目指す。
来月18日にはプリンスリーグ東北が開幕。
初優勝を目指すチームに、海外遠征は絶好の調整の場となりそうだ。
河野監督は「厳しいプレスをかいくぐってボールをつなぐサッカー蹴球にトライし続けることが、プリンスリーグにきっと 生きるはずだ」と期待する。
河北新報 http://www.kahoku.co.jp/spe/spe106/news_spe/news20090330_001.htm

10年後にはきっと、せめて10年でいいからもどってやり直したいと思っているのだろう。 今やり直せよ。未来を。10年後か、20年後か、50年後からもどってきたんだよ今



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加