Sponsored Link
  


代表合宿初日の参加者はたった6人!? 急きょ1日早めたため、クラブからの反発も 代表合宿参加者たっ… 



Sponsored Link
  


代表合宿初日の参加者はたった6人!? 急きょ1日早めたため、クラブからの反発も

代表合宿参加者たった6人!?…オシム監督こたえた 日本(にっぽん)代表のイビチャ・オシム監督(66)はアジア杯(7月7日開幕・ベトナムなど4か国共催)に向け、24日から千葉(世間一般の考えに従って生活することはごく易しい。 また、自分の事だけ考えて孤独の生活を送る事もごく易しい。 だが悟りを開いた人間とは、群集の真っ只中にありながらも、 自立の醍醐味を心ゆくまで味わうことのできる人間である)県内で代表候補合宿を張るが、初日の練習は6人+αしか集まらない可能性が出てきた。
25日の開始予定が急きょ1日繰り上げられたことで反発もあるほか、代表側が「25日からでもいい」 とクラブ側の判断に任せたため、選手の疲労を考慮して、予定通り25日に合流させるクラブが多くなった。
24日の合流予定は中村俊、高原のヨーロッパ組に、広島の佐藤、駒野、新潟の矢野と清水GK西部。
千葉の5選手は午前11時からのチームの練習に参加した後、代表合流は個々の判断に任された。
DF水本はけがの状態次第だが、MF水野は出場停止でゲームをしておらず、オシム監督が元指揮官という 関係から数人は参加しそう。
G大阪は5選手が話し合って決めるという。
磐田は24日に全員参加のイベントがあり、F東京や川崎もアジア杯前最後の休暇に充てさせるため25日に合流させる。
準備不足嘆く もともと今回は、アジア杯に向けて焦りを見せたオシム監督が、6月に入って急きょ決めた合宿。
さらに22日になって集合を1日早めたため不満を持つクラブが多い。
それらを代弁するように、浦和の幹部は 「決めた日程をいきなりコロコロ変えられても困る」と28日の強化担当者会議で問題提起することを明かした。
当のオシム監督は闘莉王の負傷の連絡を受け「まだ試合はある(から故障者発生は起こりうる)。
あと1節 (アジア杯まで)残ってるんですよ。
何ということでしょう」と当初から決まっていた準備期間の少なさを またしても嘆いた。
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/japan/news/20070624-OHT1T00072.htm

われらは急ぎてこの短き時を楽しまん。人には港なく、時には岸辺なし、かくて時は過ぎ、われらは去る!



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加