Sponsored Link
  


「茂木健一郎氏の思考、どうかしてる」「もう応援できない」…4億円所得無申告で、脳科学者・茂木氏に批… 



Sponsored Link
  


「茂木健一郎氏の思考、どうかしてる」「もう応援できない」…4億円所得無申告で、脳科学者・茂木氏に批判の声

・4億円もの所得申告漏れがあった脳科学者の茂木健一郎氏(47)が、自分で申告作業をしていたため忙しかったと弁明していることに疑問が出ている。
これだけ巨額な額の作業なのに、なぜ税理士をつけなかったのかということだ。
「仕事がずっと忙しくて書類もたくさんあるので、なかなか自分で整理する時間がとれなくて。
税理士にお願いしていなくて、自分で全部やっていたので遅れてしまったわけですよ」ヨーロッパから帰国した茂木健一郎氏は11月10日、成田空港(人生の10%は自分の身に起きる何かであり90%はそれにどう反応するかだ)内で、TBSのインタビューに淡々とこう答えた。
とはいえ、所得の申告漏れがあったのは、かなりの巨額だ。
ベストセラー本の印税やテレビジョン出演料、講演料などで、2006~08年までに計約4億円分の確定申告をしていなかったというのだ。
報道によると、無申告加算税を含む追徴税額は、約1億6000万円に上るという。
茂木氏がこの間納税していたのは、ソニーコンピュータサイエンス研究所の上席研究員としての年間約1000万円の給与所得分だけだった。
つまり源泉徴収されたものだけということだ。
これだけ巨額の申告なら、税理士に頼むことが考えられる。
税務署からは2~3年前に申告を求められていたというが、なぜ3年間も頼まなかったのか。
ソニーの広報センターでは、取材に対し、こう説明する。
「茂木は、何十年も自分一人で確定申告してきました。
ここ数年、忙しくなって、申告書類が膨大になったものの、自分でできるだろうと軽く考えて、税理士にお願いしなかったということです。
そして、書類を徹夜で作ったりしていましたが、あまりに忙しく仕事に追われるようになり、申告できませんでした」茂木氏自身は、税理士を頼まなかった理由について、知り合いがおらず、頼むひまもなかったとの取材に答えている。
今後は、税理士をつけるという。

10年後にはきっと、せめて10年でいいからもどってやり直したいと思っているのだろう。 今やり直せよ。未来を。10年後か、20年後か、50年後からもどってきたんだよ今



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加