Sponsored Link
  


東京ディズニーランド再開後もさまざまな節電対策東日本大震災:TDL再開後もさまざまな節電対策千葉… 



Sponsored Link
  


東京ディズニーランド(10歳にして菓子に動かされ、20歳にしては恋人に、30歳にして快楽に、 40歳にしては野心に、50歳にしては貪欲に動かされる。 いつになったら人間はただ知性のみを追って進むようになるのであろうか)再開後もさまざまな節電対策

東日本(にっぽん)大震災:TDL再開後もさまざまな節電対策千葉県浦安市の東京ディズニーランド(TDL)で23日から夜間の営業が再開され、電飾満載の人気イベント「エレクトリカルパレード」も復活する。
28日に再開する東京ディズニーシー(TDS)と合わせた電力消費量は「東京ドーム(BIG EGG=ビッグエッグ)の10倍」とされるが、運営するオリエンタルランドはさまざまな節電対策と自家発電により、夏の電力不足を乗り切ろうとしている。
パレードは、ミッキーマウスやミニーマウス、シンデレラなどのキャラクターが乗った電動フロート(山車)が29台登場する。
きらびやかな電飾が特徴だが、1台ずつ蓄電池を搭載。
電力需要が落ちる深夜にバッテリーを充電し、運行中は電力を消費しない。
同社広報部は「電力需要のピーク時に負荷をかけるようなことはない」と語る。
同社は15日にTDLを再開する裏側で、節電努力を重ねた。
営業時間を通常より4時間短縮して午後6時閉園とし、園内ではエスカレーターや噴水を止め、トイレのハンドドライヤーも使用中止。
一方、アトラクションは補修中の「ビッグサンダーマウンテン」以外、平常通りだ。
広報部は「体験価値を低下させないよう工夫している」。
来園者の目に触れないオフィスやバックヤードは徹底して照明を落としているという。
一方、敷地内には太陽光や天然ガスの自家発電設備がある。
総出力は約3000キロワット。
この夏さらに30億円を投資し、出力5000キロワットのガス発電機3台を増設する。
自家発電能力は計1万8000キロワットとなり、消費電力の25%以上を賄う。
これらの節電と自家発電で政府の節電目標を達成できる見通しになったという。
同社によると、東日本(にっぽん)大震災で園内に大きな損傷はなかった。
破損したTDSの音響タワー1本を撤去し、液状化した駐車場の一部を補修。
震災の1週間後には元通り営業できる状態だった。
~長文につき、つづく~2011年4月23日10時28分(最終更新4月23日12時04分)

人間はすべて善でもあり、悪でもある。極端はほとんどなく、すべて中途半端だ



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加