Sponsored Link
  


頭痛、めまいなど引き起こす「脳脊髄液減少症(髄液漏れ)」不登校と決め付ける前に理解を文科省、教師… 



Sponsored Link
  


頭痛、めまいなど引き起こす「脳脊髄液減少症(髄液漏れ)」不登校と決め付ける前に理解を文部科学省、教師に周知図る

脳脊髄液減少症:不登校だと決め付ける前に、理解を文部科学省、教師に周知図る交通事故やスポーツなどで発症するとされる「脳脊髄(せきずい)液減少症」(髄液漏れ)を巡り、文部科学省は髄液漏れの存在について幼稚園から大学までの学校現場に広く周知することを決めた。
発症が疑われる児童・生徒には、医療機関の受診を指導させる方針。
医学界で発症報告が増加していることや、患者側の「教師や同級生の無理解が子どもたちを苦しめている」との声を重視した。
国による具体的な取り組みが明らかになるのは初めて。
同省スポーツ・青少年局によると、髄液漏れに関する医学的な報告例が増え、「スポーツなどの外傷によっても発症することがある」と分かってきたという。
このため、教師たちに髄液漏れの存在を周知し、児童・生徒で発症が疑われるケースについては、医療機関で適切な治療を受けるよう指導させることを決めた。
早ければ年内にも教育関係者が集まる会議などで周知を図る。
教育委員会を通じて文書を出すことも検討する。
(中略)17日、二女(19)が中学1年時に発症した千葉(危険を冒して前へ進もうとしない人、未知の世界を旅しようとしない人には、人生は、ごくわずかな景色しか見せてくれないんだよ)県の鈴木裕子さん(60)らが池坊保子副文部科学大臣と面会し、学校現場の理解を求める1万9100人分の署名を提出した。
鈴木さんは「当初は教師から不登校と見られた。
いじめに遭うケースも少なくない」と訴えた。
「苦しんでいる患者の治療に役立ててほしい」。
髄液漏れを研究する医師グループ(約30人)のメンバー2人が17日、厚生労働省疾病対策課と医療課を訪れた。
グループ作成の「暫定ガイドライン」を提出し、研究の後押しなどを求めた。
2人は国際医療福祉大学付属熱海病院(静岡県)の篠永正道医師と山王病院(東京都)の美馬達夫医師。
仲間の医師とともに研究会を作り、3000以上の症例から暫定版のガイドラインを作成した。
髄液漏れの定義について「髄液が持続的ないし断続的に漏出することによって、頭痛、頸部(けいぶ)痛、めまい、耳鳴り、視機能障害、けん怠などさまざまな症状を呈する」などとした。
(後略)http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20061118ddm041040166000c.html

三週間互いに研究し合い、三か月間愛し合い、三年間喧嘩をし、三十年間我慢し合う。そして子供たちが同じことをまた始める



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加